診療案内

入れ歯

金属床義歯(自費)について

金属床義歯とは、入れ歯の主要部分を金属で作った入れ歯です。レジン(プラスチック)に比べて丈夫な素材である金属を使うため快適で、たわまず、丈夫な入れ歯を作ることが可能になります。
金属ならではの薄い仕上がりは違和感を少なくし、お口の中を広く感じさせ、熱の伝わりの良さで一層おいしく食事を楽しむことができます。

金属床義歯の特徴

薄く快適保険入れ歯の約1/3の薄さで入れ歯を作ることができます。
温度が伝わる食べ物の温度を瞬時に伝えることができます。
歯にも優しいたわまないので部分入れ歯でも残っている天然歯にあまり負担をかけません。
コバルト床COBALT CHROM PLATE
総入れ歯

総入れ歯

金属床義歯としてコバルトクロム素材は最も歴史のある素材です。熱伝導も良く清潔で美しい状態で、永く快適にご使用いただけます。
入れ歯
部分入れ歯
¥280,000-
¥210,000-

 

チタン床 TITAN PLATE
総入れ歯

総入れ歯

近年話題の最先端金属です。腐食せず、軽く、アレルギー反応を起こしにくい、身体に優しいチタンを使用します。
イオンプレート仕上げで金色に加工、清潔で美しい状態を永く保つこともできます。
総入れ歯
部分入れ歯
マグネット
¥420,000-
¥350,000-
¥50,000-

 

ノンクラスプデンチャー NONE CLASP DENTURE

¥150,000円~

ノンクラスプ+金属床

コバルト
チタン
¥220,000円~
¥300,000円~

総入れ歯の人のみ「治療用義歯 + 自費の義歯」

上下合わせて100万(税別)でする場合もあります。

治療用義歯とは、今まで使っていた入れ歯でついた噛み合わせの悪い癖を治すための仮の入れ歯です。